当サイトについて

 

不動産のプロモバイルサイト

不動産のプロモバイルサイト
不動産のプロトップページ > 不動産コンテンツ 不動産を売る前に 不動産のプロ

不動産を売る前に

不動産を売る前に、調べておきたいことがあります。
それは、不動産についている抵当権です。
住宅ローンなどで、借り入れがあり、不動産に抵当権がついている場合、売却時にはその抵当権を抹消して売り渡すことになります。
そのためには、借り入れの残債金額を返済することが必要です。

例えば、売却の金額が2千万円で、残債が1千万円だとすると、売主は、売買の決済時に、売買代金を受け取ると同時に金融機関に残債を返済し、抵当権を抹消し、残りの1千万円を受け取ることが出来ます。

その逆に、借り入れの残債が2千5百万円あり、売買代金が2千万円だったとすると、売主は、決済時までに、返済のために5百万円を工面して、抵当権を抹消する必要があります。

借入がある場合、事前に、残債金額を金融機関に確認しておきましょう。
ページ上へ